アドセンス広告とは?

アドセンス広告とは

アドセンス広告とは、インターネット界の大手の会社で米国の会社のGoogleが提供しているクリック報酬型のアフィリエイト広告です。

そのやり方については、自分が所有しているブログなどにアドセンス広告を貼り付けて表示されるようにしておき、実際にそのブログを訪問された方がその広告に興味を持ち、広告をクリックされると報酬が発生する仕組みになっています。

広告がクリックされるだけで数円~数十円の報酬(平均して30円と言われています)を得ることができるため、ブログなどを所有されている方などにとっては人気が高いアフィリエイトの一つです。アドセンス広告のクリック報酬は、他社のバーナーによるクリック報酬よりも若干割高であり、しかも集客率を高めれば高めるほど稼げるチャンスを得ることができるため、サイトアクセスをマネタイズする上で検討すべきアフィリエイトの一つになっています。

アドセンス広告を利用する際は、Googleアドセンスにサイト情報を登録して、アカウントを作ることから始めます。

アドセンスのアカウントを作る為には、Googleアドセンスに登録を行い、貼り付ける予定のブログなどのサイトURLを登録するとアドセンス側の審査を受けます。その審査自体は厳しいものではなく、一回目は機械的な審査を受け、二回目に人の目による審査を受ける形になります。

アドセンス側の審査では、ブログなどの記事に内容があり、ある程度の数が存在すること、他社の広告など掲載していないこと、コンテンツポリシーに反しないこと、などの審査基準に適合していること必要です。数日程度でこの審査を完了し問題がなければブログにアドセンス広告を掲載することが可能となります。

アドセンス広告の掲載が可能となれば、アドセンス広告コードをアカウントから取得を行い、それをブログなどのサイトに貼り付けるだけで完了する流れとなります。あとアカウント上では、期間でどのくらいのクリックがあったかを表示されるため、それで管理をしたりすることも可能です。

なおアドセンス広告の利用にあたっては、運用基準を設けられており、不正にクリック数を吊り上げる取り組みについては厳正に対処されます。その場合、アカウントの凍結が行われることも多く、その凍結が発生すると今までの報酬金額が没収となります。アドセンス広告は訪問された方の広告のクリックだけで、簡単にサイトアクセスをマネタイズできる反面、不正などを行った場合の凍結基準が厳しいので注意しながら収益を上げることが重要です。

 

実際のサイトでアドセンス広告運用を実験中・・・

次は「サイトの登録〜1日目|アドセンス日記」を見てみる

ページ上部へ戻る