アドセンス広告 ポリシー違反からの復活

WordPress ワードプレス

アドセンス広告 ポリシー違反からの復活過日、このサイトにおいて、アドセンス広告のポリシー違反の通知を受けました。ポリシー違反をなくして復活させるのに手間取ったので、備忘録として書き留めておきたいと思います。

アドセンス広告のポリシー違反発覚

3ヶ月くらい前のことですが、アドセンス広告の売り上げが大きく落ち込む日がありました。

どう見ても異常値だったので、不思議に思い、アドセンスの管理画面を見てみたら、

設定 > ポリシーセンター

のページにポリシー違反の表示があって、広告配信が制限されていました。

ポリシー違反の対象となったページは
https://tactical-media.net/出会い系バーとは/

で、どうやら出会い系バーの風俗的な内容が、アドセンスのポリシーに引っ掛かったようです。

アドセンスのポリシー違反への対処1

アドセンスのポリシー違反への対処として、該当ページを削除することにしました。

ページを削除して審査依頼を送ったところ、数日後には、ポリシー違反の表示はなくなり、以前のように広告配信なったのですが、2ヶ月ほど経ったころ、また
「https://tactical-media.net/出会い系バーとは/」のページでポリシー違反があるとの表示されました。

アドセンスのポリシー違反への対処2

ページ自体は削除して存在しない(404エラーのページが表示される)ので、Google検索のインデックスを消したりといろいろ手を尽くしたのですが、その度に審査依頼は否認され、ポリシー違反による広告配信の制限は続きました。

そこで、
「https://tactical-media.net/出会い系バーとは/」のページをもう一度作って、アドセンス広告のタグをこのページだけ消してみたのですが、やっぱりダメ。

最後の手段で、ページの内容をもう一度見直し、風俗的な内容や違法の内容を削除してリライトしてみることにしました。

数日間はポリシー違反の表示がされていましたが、そのまま10日間ほど放置をしておいたら、いつの間にか「ポリシー違反はありません」になっていました。

アドセンス広告でポリシー違反から復活させるには?

削除して存在しないページに対して、なぜポリシー違反のエラーが出たのかは良くわかりませんが、問題のあるページを削除するだけでは解決にはなりませんでした。

アドセンス広告でポリシー違反が発生した場合は、単純に削除するのではなく、問題のあるページの内容をアドセンスのポリシーに合うように修正して、再審査を依頼するのが良さそうです。

ページ上部へ戻る