オズボーンのチェックリスト法とは?

オズボーンのチェックリスト法とは

オズボーンのチェックリスト法とは、発想法の一つでチェックリストの各項目からヒントを得ようというものです。アイディアを創出するとき、物事にとらわれないで自由に発想することも重要ですが、それでもいい案が出て来ないときには、一種のフレームワークを使うことも必要であり、かつては一世を風靡したツールとも言えます。

オズボーンはニューヨーク生まれの実業家で、アイディア開発に優れた第一人者として知られています。大勢の人が集まって自由奔放にアイディアを出し合うメンバーによる発想の仕方としての「ブレーンストーミング」の開発者でもあり、同時にチェックリストの開発者でもあります。

オズボーンのチェックリスト法ですが、具体的には、次のように9つのポイントから、自分たちのテーマに基づいた点検・確認、あるいはヒントを得る、ひらめきを求めるというものとなっています。

1つ目は、転用ということで、新しい使い道はないか、別の使い道はないか、他の分野に適用できないというようなことを考えるための項目になります。
2つ目は、応用ということで、似たものはないか、何か参考にして真似をしてみれることはないかということになります。
3つ目は、変更ということで、色、形、音、臭い、様式、意味など、あらゆることを変えてみたらどうかという発想をすることです。
4つ目は、拡大ということで、大きくしたらどうか、強くしたらどうか、長くしたらどうか、厚くしたらどうか、時間の拡大や頻度を多くしたらどうかという視点で取り組むものです。
5つ目は、逆に縮小ということで、小さく、軽く、弱く、短くあるいは省略や分割、おろぬきなどを考えます。
6つ目は代用ということで、人や物、材料や素材、工法、動力、場所などを別のもので代用できないかを考えることです。
7つ目は再利用ということになります。要素、形、配置、順序、関係性などを変えてみたりして再利用ということを発想します。
8つ目は逆転です。上下反転、左右回転、前後転、順序入れ替え、ポジション入れ替えなどを行ってみます。
9つ目は、結合です。要素の組み合わせ、物の結合、ユニットごとの合体、目的ややり方の組み合わせなどになります。

オズボーンのチェックリスト法は、以上の9つのポイントからヒントを得ることになります。オズボーンのチェックリスト法の項目は、現代でも参考になるものが多いのですが、かつてほど使われなくなっています。

我が国においては、オズボーンのチェックリスト法は、小集団活動や改善提案活動が活発であった時によく使われましたが、トップダウン経営が主流になるにつれ、影を潜めてつつあります。

しかし、オズボーンのチェックリスト法は、発想法として参考になるものを沢山持っていますので、個人ベースで物事を考えるときなどに応用すると効果的ですし、チームで協力し合うときにも威力を発揮するでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る