コインチェック倒産か

真相まとめ
<スポンサーリンク>

イオンシネマの映画が1000円に!
特別なイオンカード・年会費無料

年間50回使え、同伴者も1000円!

コインチェック倒産か

コインチェック社は倒産へ向かう?

仮想通貨取引所大手のコインチェックで仮想通貨NEM 約580億円相当が流出した “事件” は皆さんご存知のことと思います。

流出当日の夜、東京証券取引所で開かれた記者会見の全文を読み、個人的な観測になりますが、コインチェック社は倒産すると思いました。

今回は、コインチェック社が倒産すると思った理由について書いてみたいと思います。

コインチェック社が倒産すると思う理由1

コインチェック社が倒産すると考える理由の一つが「責任を取れる経営者がいない」ということです。

記者会見中、代表取締役である和田氏、取締役である大塚氏とも、幾度となく株主に相談しないと会社の基本情報を公開できないと発言していました。

経営者である和田氏、大塚氏で株式の過半数を所有していながら、株主に相談をしなければならない理由が正直わかりません。

会社には裏の支配者がいるのか、あるいは単なる責任逃れなのかはわかりませんが、透明性の高い企業でないことは間違いありません。

コインチェック社が倒産すると思う理由2

理由の二つ目は、最初の点とも被りますが、企業としてガバナンスが欠けているという点です。

コインチェック社が運営する仮想通貨取引所の利用者数がわからず(あるいは何らかの理由で出せない)、財務状況も公開しない(あるいは公開できない)。こういった情報開示の仕組みが整っていない状況は、いかに非公開会社とはいえ、金融に携わる会社として許されるものではありません。

ましてや、仮想通貨の交換事業者として金融庁に登録申請を行っている中で、この状態ですから、元々ガバナンスの観点などない会社なのでしょう。

また、顧客資産と自社資産の分別管理ができていない可能性も高そうで、金融業の一端を担えるような会社とは思えません。

コインチェック社が倒産すると思う理由3

理由の三つ目は、金融庁は、コインチェック社を仮想通貨の交換事業者として登録しないということです。

  • 責任の所在が不明で、意思決定権者がわからない
  • 財務諸表を明らかにしない
  • ガバナンスがない

さらに、システム面の対応をおろそかにして、みなし事業者のまま新規顧客をCMで勧誘する会社ですから、金融庁は、コインチェック社を仮想通貨の交換事業者として登録するはずはありません。

みなし事業者として営業できる3月末までに登録される可能性はないと見るのが妥当で、そうなるとコインチェック社は事業継続ができなくなり、残された道は倒産しかありません。

コインチェック社の補償は空手形に

先般、コインチェック社は、流出した仮想通貨について、日本円で返金する旨の発表を行いましたが、事業継続そのものが不可能な状態では、それも空手形になるでしょう。

更に言うなら、資本金が高々9200万円にもかかわらず、自己資金で400億円強の補償をすると言ってのけるような無茶苦茶な企業は、さらなる被害者を産む前に早くマーケットから退場すべきだと思います。

追記)
2/2 業務開始前より、コインチェック社に金融庁の立入検査が入りました。いよいよ、本格的な動きがありそうです。

<スポンサーリンク>

イオンシネマの映画が1000円に!
特別なイオンカード・年会費無料

年間50回使え、同伴者も1000円!

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  5. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る