コンティンジェンシープランとは?コンティンジェンシープランとは、起こってしまうかもしれないという想定外の不測の事態のことをいいますが、特に最悪の事態を想定して立てる計画や対応するための内容を考えて行う対処法のことを指します。

予期せぬ事態があったときに備えて、あらかじめ緊急時の対応計画を定めておくことで、いざという時に役立ちます。また、万一、予期せぬ事態が中断してしまっても、その範囲を最小限に抑えることと、迅速かつ効率的に最優先の業務の復旧を行っていくことが重要であるため、コンティンジェンシープランは必要と考えられています。

世の中は動き続け、目まぐるしく変化する中、コンティンジェンシープランとして考慮すべき事態としては、極端な経済を要因とした変動などがあります。また、法的要因の変化も十分考えられるため、その点にも注目することになります。そのほかにも、人為的な動きであったり、技術変化や国際紛争なども挙げられます。

また、新しく企業を立ち上げる人も多い昨今では、新たな試みを重視して新しい競合企業が次々に登場するため、突如として極度の売り上げ不振が発生する可能性もあります。そういった場合、事態が起こってから対応し始める場合が多いのですが、それでは取り返しがつかないことになってしまうことも考えられますので、普段から情報収集をして、その分析能力を向上させていく必要もあります。

その他にも全く予測不可能な事柄も発生しますので、万一の時のために対応できるように、企業内で危機管理の意識を向上させ、仕組みを内在化していくことも重要です。特に、自然災害のように時期も規模も想定不可能なことに関しては、日ごろから対応策を講じる必要性が高い事案です。

コンティンジェンシープランを策定する行為や、その過程をコンティンジェンシープランニングといいますが、経営環境の複雑化が見られる昨今では、その策定能力の重要性を鑑みて対応していることが多くなっています。

特に、金融機関に関しては、金融庁の監督指針や検査マニュアルなどにもコンティンジェンシープランの重要さを明記してあることもあり、有効なコンティンジェンシープランを策定することが重要とされ、コンティンジェンシープランニングが実践されています。

災害時などに滞ってはいけない部分として考えられる経済活動のインフラでもある金融機関では、社会を支えている責任などを理由に、いざという時にも業務を適切に継続し、復旧に尽力することが特に望まれていると言えます。

ページ上部へ戻る