ストック型の集客で他社に差をつける!

<スポンサーリンク>

イオンシネマで映画を1000円で見る裏技とは?
年間50回使え、同伴者も1000円で!

ストック型の集客で他社に差をつける!今回は最近、お問い合わせが多い「ストック型の集客」について書いてみることにします。

ネット集客には集客効果がその時限りのフロー型の集客と集客効果が蓄積していくストック型の集客があります。

【関連記事:ストック型とフロー型集客

ストック型の集客をするなら、おすすめは「自社メディア」を作ることです。

一般の中小企業が「自社メディア?大袈裟すぎない?」と思われるかもしれませんが、規模を限定すればオーバースペックな集客ツールにはなりません。広告会社が提供するメディアサービスを使う場合、その都度広告費が掛かるだけでなく、効果が出るか出ないかは蓋を開けるまでわかりませんが、「自社メディア」なら閲覧者層をホームページやブログの内容でコントロールし自社の提供する商品・サービスに最適化することができます。

メディア業を営むのであれば100万ページビュー(以下、PV)、200万PVといった規模のネット媒体(ホームページやブログ)を作る必要がありますが、自社の集客に寄与する程度の10万PV程度の規模のホームページやブログのアクセスで大丈夫です。

(ページビュー:略称はPV。ホームページやブログが何ページ閲覧されたかを示すアクセス数値)

「えっ、10万PVのサイトを作るのって難しいよね」と仰るかもしれません。
その通り、10万PVのホームページやブログを作るのは簡単ではありません。そして、コツも必要です。でも、簡単な集客手法であれば、他社と違う次元で集客をすることはできません。他社が資金力やマンパワーで真似ができないところに “ブルーオーシャン” は生まれます。

【関連記事:ブルーオーシャン戦略とは?

そういった意味では、集客手法は難しければ難しい方が良く、コツがないよりあった方が良いのです。

「自社メディア」を作るコツはポイントだけ押さえれば、誰でもできるようになります。最初の3~4か月は辛抱の期間がありますが、半年を過ぎるころから次第に集客効果も出てくるはずです。

手間を掛ければ掛けるほど集客効果が上がるのが「自社メディア」です。御社も「自社メディア」で “ブルーオーシャン” を作ってみませんか?

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る