ビジネスのスピード感-中小企業だからこそ権限移譲

ビジネスのスピード感-中小企業だからこそ権限移譲当社ではポリシーを持って中小企業の仕事を請け負っていますが、ごくまれにやむを得ない理由で大企業の業務を行う場合があります。そういった時、大企業の業務のスピード感を目の当たりにして、普段の目にする中小企業のスピード感と比べて愕然とします。

以前、中小企業と大企業のスピード感の違いについて記事にしました(過去記事:中小企業が大企業になれず中小企業に留まる訳)が、決められたことを決められたスケジュールで着々とこなしていく大企業と、中途半端にピラミッド型の意思決定を行いスケジュールをドンドン後ろ倒ししてしまう中小企業との間のビジネスのスピード感の差は段々と開いてきているように感じます。

そこで感じるのは、中小企業の意思決定の曖昧さ。意思決定や権限・裁量の基準が曖昧なせいで

担当者 → 上長 → 担当役員 → 社長

といった具合に何を決めるにも多段階のフローが発生し、それぞれのフローにおいてホウレンソウと意思決定に時間を要しているように思います。

例えば、担当者は○○万円までの案件、上長は○○万円までの案件といった具合に金額で決裁権限を予め付与しておく、もしくは担当者及び上長に業務権限を委譲するなど、スピード感を持ってビジネスを推進する仕組みを作った方が良いのではないでしょうか。

拙速は巧遅に勝る」という言葉があります。うまくて遅いよりもつたなくて速い方が勝るという意味ですが、本来は中小企業が勝ち残っていくポイントだと思います。

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る