チャレンジ精神とPDCA|ネット集客のイロハ(その1)

ブログ,副業

チャレンジ精神とPDCA|ネット集客のイロハ(その1)

チャレンジ精神とPDCA

ネット集客を成功させるには「必要な考え方」があります。今回は、その必要な考え方から「チャレンジ精神とPDCAの重要性」について説明してみましょう。

PDCAの重要性を考える前に「PDCA」という用語について簡単に見てみましょう。

PDCAとは?

PDCAとは?

PDCAとは、活動を一つの流れと捉え、Plan-Do-Check-Action(頭文字を取ってPDCA)という観点から管理する手法です。

  • Plan:目標を設定し、それを具体的な行動計画を策定する
  • Do:具体的な行動を指揮・命令・実行する
  • Check:途中のタイミングで成果を測定・評価する
  • Action:評価を踏まえてプランに修正を加える

このサイクルを回していくことで業務改善を行なっていく手法が「PDCA」です。

ネット集客とPDCA

まず大切なこととして、ネット集客の正解は一つではありません。集客したい業種でもネット集客の手法は異なりますし、ホームページから集客するのか、ブログからなのか、はたまたSNSを使うのか、でも異なってきます。さらに、ネット集客では周囲の状況は常に変動していますので、同じことをやっていれば次第に効果は薄れてしまいます。

その結果、バリバリのマーケティング会社がネット集客でうまくいっていなかったり、マーケティングをあまり知らず副業的に始めた人がネット集客で成功したり、といったことも起こり得るわけです。

また、ネット集客で成功した人がいるからと言って二匹目のドジョウを狙っても、その人と同じ手法が通用するわけでもありません。他の人や他社が行なっている集客手法を真似るのはスタートラインとしては良いのですが、人の集客を後追いして真似たままではネット集客は失敗する可能性が高くなります。

そこで、ネット集客を進めていくうちに、集客増に効果が出そうな集客手法を思いついたら試してみる「チャレンジ精神」が必要となります。そして、チャレンジする時に必要なのが「PDCA」のサイクルです。

例えば、ブログで集客しようとした人が、ブログ集客に成功した人からアドバイスを受け、800文字程度の記事を毎日1記事更新していたとします。記事を更新しているうちにアクセスは増えてきましたが、まだまだ集客にはつながりません。色々と考えた結果、もう少し1記事あたりの文字数を増やし、1000文字くらいにしたら、ニッチなキーワードでアクセスが増えるかもしれないと思いつき、早速始めてみました。これが「チャレンジ精神」です。

そしてここからが「PDCA」の出番です。

  • Plan:記事の文字数を800文字から1000文字へと増やすことで25%ほど1記事あたりのアクセスが増えると予想します
  • Do:日々更新する記事の文字数を1000文字へと変更して継続します
  • Check:文字数変更から3ヶ月経った時点で実際に1記事あたりのアクセスがどのくらい増えたか検証します

PDCAサイクルを回していくと・・・

ページ:

1

2
スポンサーリンク

今なら好条件で転職できます♪

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る