トリプルメディアとは?トリプルメディアとは、「オウンドメディア」「アーンドメディア」「ペイドメディア」の総称で、企業と消費者との接点になる媒体を3つに分類したものです。

オウンドメディア(owned madia)とは、企業側が運営しているメディアのことを言います。

コーポレートサイト、企業で運営しているブログ、メールマガジン、スマートフォンサイト、ネットショップなど自社が保持しているメディアはすべてオウンドメディアということになります。
多くの企業はコーポレートサイトを持っていることかと思いますが、さらに新しいユーザーと出会うためには自社ブログの導入などもおすすめします。最近の傾向としてはパソコンユーザーよりもスマートフォンユーザーの方が増加していることもあり、スマートフォンへの対応も必須になってきています。

アーンドメディア(earned media)とは、共有と共感を生むメディアのことを指していて、主にTwitterやFacebook、Instagram、LINE、口コミサイトなどのソーシャルメディアのことです。今のところ、Facebookがビジネスに利用しやすいということで圧倒的な利用数を誇っていますが、LINEも最近では数が増加傾向にあります。

ペイドメディア(paid media)とは、企業がお金を払って広告を載せるメディアのことを言います。ネット上の広告はターゲットユーザーにあわせた広告媒体を選択する必要があります。

これからの企業経営においては、この3つのメディア、トリプルメディアの関係性を理解することが重要になってきます。

例えば、オウンドメディアはプランディングと見込み顧客の獲得は得意であり、短期的な集客やユーザーとのコミュニケーションには向いていません。また、アーンドメディアはユーザーとのコミュニケーションには向いていますが、短期的な集客とプランディングや見込み顧客獲得には向いていませんし、ペイドメディアは短期的な集客に向いていますが、ユーザーとのコミュニケーションとプランディング・見込み顧客獲得には向いていません。

トリプルメディアは、それぞれ異なる属性をもっていて、お互いを補完し合っていることを理解する必要があります。それぞれのメディアの特徴を生かして、バランスよく利用することがWEBマーケティングをおこなっていく上での重要なポイントであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  5. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る