ネット集客を成功に導く秘訣~途中止めするから失敗する

ネット集客を成功に導く秘訣~途中止めするから失敗するネット集客と一口に言っても、ホームページ,ランディングページ,ブログ,Facebook,ツイッター,インスタグラム など色々種類があります。さらに、SEO,リスティング広告(PPC広告),メルマガなど集客手法も様々です。

よくお客様から「どういった集客がいいですか?」と聞かれます。「ブログでは集客できない」とか「SNSでは集客できない」とか言う人もいます。でも、業種や商材によって集客上の制約を受けるものはありますが、それを除けば、実は基本的にどれでも集客は可能です。

ネット集客に限りませんが、B to B にせよ B to C にせよ、集客は「自社のサービス・商品の良さをより多くの人に知ってもらうこと」に他なりません。多くの人に “存在” を知ってもらうことで、自然に集客につながってきます。

ネット上は様々な情報であふれかえっています。その中で自社の情報を届けるのは至難の業です。
「1ヶ月続けてみたけれど全く反応がない!」なんて当たり前で、3ヶ月続けても、半年続けても、下手をすると 1年続けても反応がないことだってざらにあります。でも、一方で、ホームページやブログや SNS で集客に成功している人や企業がたくさん存在するのも事実です。

では、集客に成功したり、失敗したりの分かれ道はどこにあるのでしょう?

お客様の状況を見ていると、不足点を解消する努力をすることなく、集客手法自体が自社の商品・サービスに合わないと思ってしまう傾向があります。でも、集客ができないのは、ほとんどの場合、集客のやり方自体に問題があるわけでなく、集客努力の量的・質的な不足 によるものです。具体的には、ホームページのページ数やページ内容の不足、ブログの記事数や 1記事あたりの文字数の不足、記事の内容の不足、SNSならフォロワーの不足や投稿記事の内容の不足などがあるわけです。

集客手法が正解でも、集客する為の集客努力が量的・質的に不足していれば、当然集客はできません。中途半端な状態で途中止めしてしまったら、集客は成功するはずもないのです。また、楽してできる集客もありません。言ってしまえば当たり前のことですが、この当たり前のことが集客の当事者になってみると意外にわからなくなってしまいます。

松下幸之助の言葉で「失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければ、それは成功になる」というものがあります。

ネット集客の秘訣は、まさにこの金言に凝縮されていると言ってよいでしょう。

ブログでも、Facebook,ツイッター,インスタグラムなどの SNS でも、まずは日々更新して 1年間続けてみてください。成功と言わないまでも、集客効果は感じられるようになるはずです。そして、日々の努力を 2年間続けることができれば、一定度の集客に成功していると思います。

「このやり方では集客できないのではないか?」「もっと効率的な集客手法があるのではないか?」と思い悩むのではなく、「まだ足りないから集客できない」と考えて、さらに愚直に継続し続けることこそ、集客を成功に導く秘訣だと思います。

「楽で手間の掛からない集客」はありません し、「地道に継続する」ことに勝る集客の秘訣はありません。

ページ上部へ戻る