フィジビリティスタディとは?フィジビリティスタディとはビジネス用語のひとつであり、英語で「実行できること」「実行できる可能性」を意味しています。

フィジビリティスタディがビジネスで用いられる場合は、例えば新規でプロジェクトを立ち上げた場合にはその内容が実行可能であるかどうか・採算が取れるのかどうかを調査する事という意味になっています。つまりその事業が実行可能であるのか・採択が取れるのかというところを調査することであり、事業化採算性分析もしくは企業化調査とも呼ばれています。

フィジビリティスタディを行う必要性については、フィジビリティスタディをすることによってその事業や立案したプランを実行する前に実現可能であるのかどうかを検討することが出来るようになっているので、もしも実現不可能であると判断された際には早期に対処することが出来ます。

また、立案している事業内容が自分が思い描いている考えやビジョンに一致しているのかどうかと言うところはもちろんなのですが、その事業が関連している市場にとって魅力的なのかどうかというところも把握することができるようになっていると言うところは、フィジビリティスタディを行う上での重要なポイントだとされています。

市場にとって魅力があるのか・必要になっているのかどうかと言うところは結果的に利益や採算が取れるかどうかというところに繋がっているので、事前に採算が取れる事業・プランなのかどうかを検討することが出来るというのは企業にとっても大きなメリットです。

そのため、フィジビリティスタディは多角的な目線や視点で行われるようになっており、それを踏まえて検討されるようになっているので計画を実行してから失敗すると言うような事態を防ぐためにも行われることが望ましいとされています。

特に研究職や商品開発関連・新規事業の立ち上げなどの場合は失敗してしまうと大きな損失が出てしまう可能性が高くなっているので、そのようなトラブルを防ぐと言う意味合いでもフィジビリティスタディを実践している企業が増えてきています

そしてフィジビリティスタディの結果については報告書にまとめられるようになっていて、その内容は開発主体となっている企業や事業主の意思決定をするための判断材料として用いられることがあるほか、金融機関などの融資期間に対しては融資することが妥当かどうかの審査の資料として利用されています。

ページ上部へ戻る