病院クリニック集患・集客

フェントステープとは?

フェントステープとは

フェントステープとは、緩和ケアとしてよく用いられる鎮痛剤で、主に治療が困難とされる激しい疼痛を伴う症状に使用されます。強力な鎮痛作用を示すのでガンの鎮痛に効果的で、持続する強い痛みの緩和ケアに有効とされています。

フェントステープは、ガンの強い痛みを抑える麻薬性鎮痛剤なのですが、成分を皮膚から吸収させるテープ剤というのが特徴的です。

フェントステープがテープ剤なのは、配合成分が内服には向かないからで、腸から吸収されると肝臓で代謝されてしまいます。飲むと効果が得られないので、貼り薬として用いられているわけです。

痛み止めのシップ剤と違い、フェントステープは特に痛い部分に貼付する必要はなく、血液を介して脳に成分が到達して強力な鎮痛効果を生みます。フェントステープ使用の際は1日毎に交換するのですが、使用している間は薬剤が持続的に放出される仕組みになっています。

緩和ケアとしてフェントステープを使用する場合、テープ剤なので通常は胸や腹部、上腕部、大腿部などに医師の指示を守って貼るようにします。また事前の問診の際には、持病やアレルギーがないか、また現在使用している薬がないかどうかも医師にきちんと報告する必要があります。

ちなみにフェントステープに含まれる成分で過敏症状をおこした経験のある人は使用することはできません。過去に呼吸機能障害や気管支喘息、肝腎機能障害や意識障害、40度以上の発熱がある人は医師とよく相談した上で使用することが大事です。

フェントステープには、呼吸抑制の副作用が出る可能性が高いので、勝手に増量するのはNGです。麻薬性鎮痛剤なので、便秘や眠気などの副作用も懸念されますが、フェントステープの場合は、比較的そうした症状は起こりにくいとされています。しかし、副作用があった場合はすぐに医師に伝えることが大事です。

フェントステープの取扱上の注意としては、温めると吸収量が多くなるので、カイロなどをフェントステープに当てないよう気をつける必要があります。また、子供が触れると危険なので、厳重に保管するよう注意が必要です。そして、当然ですが、フェントステープは麻薬なので絶対に他人に譲渡してはいけません。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  5. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る