フールプルーフとは?

フールプルーフとは

人間はわかっていても体が反応できない、などの間違いを起こすものです。

フールプルーフとは「間違いを起こすことは仕方がない」「よくわかっていない人が何かを取り扱うこともある」という前提に立った用語で、誤った使い方などをしても利用者や周囲の人に危険がないように、機器が破損したり、致命的な事態や損害を生じさせない設計にしたり、誤った使い方をできない、あるいは危険な使い方をすると機能が停止するように機構を組み込んでいることを指します。

フールプルーフの例を見てみましょう。

例えば、オートマチック車の場合はブレーキを踏まないとシフトバーをパーキングの位置から動かすことができないようになっていたり、電池ボックスには正しい向きでしか電池が入らないようになっている、ドアが開いた状態では電子レンジが加熱できない、蓋を閉めない限り洗濯機のドラムが回転しない、人が座った状態ではないとウォシュレットが動かないといったことも「フールプルーフ」になります。

フールプルーフの語源は、愚か者(fool)の使用にも耐用(proof)できるという意味です。つまり誰が使っても安全である仕組みのことをいいます。

似たような言葉に「フェールセーフ」という言葉がありますが、これは機械装置やシステムは必ず故障するという前提に立った設計思想です。「フールプルーフ」が人間のミスによる事故を未然に防ぐのに対して、「フェールセーフ」は機械やシステムの不測の事態を想定した安全策になります。

人間はどうしてもミスをしてしまう生き物ですし、機械も必ず故障してしまいます。「フールプルーフ」「フェールセーフ」二つを合わせて行うことによって完全は確保することができるようになると考えられています。

近年では、フールプルーフやフェールセーフのような考え方を追求することで世界に先駆けたシステムの具体化を図っており、メイドインジャパンの製品の品質が良いというのは、技術自体が高いだけではなくこのような安全に対する考え方を具体化しているためだとされています。

ただし、フェールセーフやフールプルーフがあるからといって安全性を確保しない理由にはなりません。安全性を確保するためには、きちんと事故が起きた時の対処法や処置をしっかり考えておく必要があります。

また、それぞれの設計思想をきちんと理解することによって、安全を確保することにもつながっていくため基本的な考え方や基礎を身につけておくことも重要といえるでしょう。

スポンサーリンク

今なら好条件で転職できます♪

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る