ブログの更新頻度はどのくらいがいい?

ブログ,副業

ブログの更新頻度はどのくらいがいい?ブログで集客できないと悩んでいる会社様は多いようです。

当社でブログ運営を始めてから、ブログの運用方法について質問をいただくことが増えてきました。

<スポンサーリンク>

その中で比較的多い「ブログの更新頻度はどのくらいがいいのか?」について書いてみることにしましょう。

1.ブログへのアクセスを増やしたい場合

ブログを運営しているほとんどの会社様が、もっと自社のブログにアクセスを増やして、より多くの方へ情報を発信したい or より集客につなげたいとお考えではないでしょうか。現在よりもブログのアクセスを増やしていきたい場合は、ブログの更新頻度を高めていく必要があります。

具体的には、週4回以上で記事を投稿することが必要です。さらに言うと、1回あたり 1000文字程度の記事を原則毎日更新する ことをお勧めします。

2.ブログへのアクセスを維持したい場合

ブログを運営していて、アクセスは十分になってきたので、今のアクセスレベルを維持したいという場合は、1回あたり 1000文字程度の記事を週2~3回の更新頻度で大丈夫です。

こうすることでブログ運営を省力化して、効率的に運用することができます。

今回は 更新頻度 の観点からブログの運用を見てみました。
「最近、ブログのアクセスが減っている」「ブログのアクセスをもっともっと増やしたい」という会社様は是非、試してみてください。

ブログ集客がわかる!・・・

次は「ブログ集客の情報一覧」を見てみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マイナビ薬剤師

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る