プロは無料の仕事を受けるべきか?

プロは無料の仕事を受けるべきか?プロは無料の仕事を受けるべきか?
個人事務所を営むある士業の先生から、こんな相談を受けました。

今回は、この質問について考えてみることにします。

まず、ご自身が必要な時給単価がいくらか計算してみましょう。

個人事務所を経営されている方はかなり働いている場合が多いので、
1ヶ月に働く時間としては、1日10時間×25日=250時間 が目安かなと思います。

ちなみに月250時間働くということは、厚生労働省の「過労死」認定ラインと紙一重だったりするわけで、経営者の立場であっても、中長期的には守っておきたい労働時間だと思います。

一方、事務所経営として考えると、事務所として稼がないといけない金額もあります。

もし、稼ぐ必要のある金額が月50万円だとすると、時給換算で2,000円、月100万円なら時給4,000円ということになります。

「本来なら仕事をした時間×事務所運営に必要な時給」以上の金額をいただかなければ、早晩、事務所運営は立ち行かなくなるわけです。

無料の仕事を受けるということは、さらに自分の労働時間を増やすか、他のクライアントから通常よりも多くいただくしかありません。
その結果、無料の仕事を受けている、もしくは相場よりも安く仕事を受けている場合、深夜まで働いてカバーしている士業の方が多いように思います。

厚生労働省の「過労死」認定ラインを完全に超えている士業の方も見かけますが、士業の個人事務所においては、自身の健康管理は非常に重要です。さらに、ギュウギュウに仕事を詰め込んでしまっては、新たな仕事を入れる隙間もなく新規案件を獲得するチャンスを逸してしまいます。そして、新規案件獲得を逃し続けると、その内、新規案件は舞い込まなくなってしまう悪いスパイラルに落ち込んでいきます。

仕事を発注する側から見ると、「常に忙しくしている人」は重宝されませんが、「いつでも断らず仕事を受けてくれる人」は重宝されます。
つまり、ギュウギュウに仕事を詰め込んでしまうのではなく、余力を持って仕事をしていることで、新たなチャンスをモノにすることができるわけです。

仕事がない状態なら、実績作りの為に無料で単発の仕事を請け負うことはあり得ますが、プロとして長期間やっていくのであれば、「無料の仕事」をするべきではないでしょう。

スポンサーリンク

今なら好条件で転職できます♪

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る