プロモーション分析とは?

プロモーション分析とは

プロモーション分析とは、マーケティングフレームワークの一つの手法を指します。プロモーション分析では、値引きセールスや値引きクーポンの配布などのセールスプロモーション活動を、効果的に分析します。

どんなに良質なサービスや商品を開発したとしても、その存在自体が世の名に浸透しない限り、それは無い物と同様です。素晴らしい商品だからこそ、宣伝などで認知度を高めて世間にその存在を知ってもらう必要があります。さらに、ただ漠然と広告を打ち出すだけではなく、その商品やサービスの見込み客となる可能性のある層の認知が不可欠となります。

その対象となる層のニーズに合わせて、広告戦略を考案する為に行うのが「プロモーション分析」なのです。

プロモーション分析の具体的な手法について

一般的に費用対効果とは、投資した金額に対してどれだけ利益を算出できたかを表します。これを「効率性」と呼びます。広告媒体の「効率性」は、使用した広告媒体に掛かった費用や人件費、期間などに対して、消費者側がどれだけ購買意欲を示したのかという指標で表していきます。その為、広告を打ち出した際の費用対効果をスコアリングする必要性があり、その結果と広告媒体の購買効果を比較します。

比較の結果、費用対効果が最大限に活かされていない広告媒体に関して、費用対効果を最大化する為の手法を考案していきます。また、使用する広告媒体が低迷や停滞していないかを把握することも重要となります。

重回帰分析とプロモーション分析の関係性

重回帰分析とは、複数の変数を用いて予測を行うものです。重回帰分析では、1つの成果に対し、複数の要因がある場合に、その影響力や大きさの度合いが測れる分析手法です。

例えば、新規サービス商品が好評を得た(結果)に対して、広告媒体への掲載やSNS発信、また自社WEBサイトでの宣伝など、複数の要因が関係しています。結果に対して要因の影響はあったのか、要因の影響があるならば、それはどれ程の影響力なのか、など影響力の大きさ度合いを重回帰分析によって推定することができます。つまり、どのプロモーション要因が結果に貢献したのかがわかるのです。

このように重回帰分析はプロモーション分析に向いている手法と言えます。

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る