マッチポンプとは?

マッチポンプとは?

マッチポンプとは

マッチポンプとは、自分で火をつけておいて、火がついたら自らポンプで消火する和製英語で、自分で問題を起こしてから、自分が問題を解決したように見せかけるという意味で使われています。

マッチポンプは、自民党の田中彰治代議士の逮捕(1966年の田中彰治事件)がきっかけで誕生しました。田中彰治代議士は、衆議院決算委員の肩書きを使って政財界の癒着を見つけ出し、その疑惑を当事者たちに追及する素振りを見せながら、裏ではもみ消しの条件として金品を要求していました。この田中彰治事件では、国民に政治家への不信感を与え、政界の「マッチポンプ」として非難されました。

こうして生まれた「マッチポンプ」という言葉ですが、現代においても引き続き使われています。

私たちの身近なところでは「マッチポンプ商法」というものがあります。例えばインターネットの利用者が広告を見たくない時、広告をブロックするサービスを利用しますが、サービスを提供する会社はお金をもらって広告をブロックする一方で、広告を掲載する企業に対しては広告を表示させるプログラムを提案しています。業者はインターネット閲覧者と広告主の両方からお金をもらうことができるわけで「マッチポンプ商法」と言って良いでしょう。

霊感商法も「マッチポンプ商法」の一つと言えます。霊感商法では不必要に不安を煽るような言動を行い、開運などとそそのかして高価な品物を売りつけています。占いなどにわざわざ出向く人は既に悩みを抱えていることも多いため、不安や恐怖を感じやすく、精神的に安定していない人にマッチポンプを仕掛けるのが霊感商法の常套手段です。

また最近では、報道や政治手法として、問題のない事案をことさら問題があるかのように取り上げ、“正義の追求者”であるかのように追求していく「マッチポンプ」も頻繁に行われるようになっています。

このように自ら問題を引き起こし、自ら解決をしているように見せるマッチポンプは、巧妙な形で世の中に存在しています。我々としては、表面的な文言やイメージに惑わされず、物事の本質を捉え、マッチポンプを仕掛けようとする人たちの意図を見抜くことで、自衛していく必要があると言えます。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る