ムーアの法則とは?

ムーアの法則とは

ムーアの法則とは、インテル創業者の一人であるゴードン・ムーアが唱えた説になります。

ゴートン・ムーアは1965年に自らの論文上で「半導体の集積率は18か月で2倍になる」という半導体業界の経験則を発表して、この経験則が「ムーアの法則」と呼ばれるものです。

ムーアの法則の技術的な意味としては「同じ面積の半導体ウェハー上にトランジスタ素子をいくつ構成できるか」ということになり、半導体の面積であるトランジスタが「18か月後には同じ面積であってもトランジスタが作れる数が2倍になる」ということになります。

つまり、それぐらいのスピードで半導体の集積技術が向上していくことを「ムーアの法則」は指しています。

半導体の集積率は性能に直結しています。100個の半導体が18か月後には200個になるという法則になりますので、CPUの処理能力が18か月後には100から200に向上するという事になりますから単純計算で性能が約2倍になります。また、コスト面から見ても、2個で処理していたものが1個で処理できるようになりますのでコストが半分になります。

ムーアの法則自体は半導体の集積のことですので技術的な法則になりますが、性能向上やコスト削減効果を生む内容になりますので半導体を販売する時のマーケティング戦略にも欠かせない要素となっています。特に半導体性能向上はCPU性能アップでもありますので、コンピュータをメインにしたIT業界では欠かせません。

このようにムーアの法則は、半導体の性能向上における経験則が元になった法則であり、それを踏まえてIT業界は現在も動いています。

さらにいうなら、性能向上と価格低下は日々の生活のなかで必要としている機器に大きな影響を与えていますので、ムーアの法則はIT業界だけではなく広い意味で様々な人に影響を与えていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  3. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る