レピュテーションリスクとは?

レピュテーションリスクとは

レピュテーションリスクとは、企業に対する評判をきっかけに信用やブランド価値の低下を招き、経営悪化に繋がるリスクを意味します。

レピュテーションリスクは風評リスク評判リスクと訳されることもあり、近年では深刻な問題として捉えられ、対策を急務とする企業が増えています。

レピュテーションリスクの中には、事実と異なる風評が起因となる場合もあり、単なる噂に過ぎなかった評価が広まる事で、企業を脅かすなど数多くの事例が報告されています。

特にソーシャルメディアなどインターネットの広い普及によって、風評がコントロール不能な状態に陥ることも多く見受けられます。

レピュテーションリスクが発生する主な原因は、企業自体のイメージに加え、製品やブランド、サービスの実情と、消費者の持つ期待とのギャップです。このギャップにより、ネガティブな情報が広がるだけでなく、ポジティブな情報であっても、現実の情報と乖離することでレピュテーションリスクが起こります。

レピュテーションリスクを回避するためには、正確な情報を届ける必要がありますが、プロモーション活動において消費者の期待高めるような発信を行った場合、意図せずリスクが高まってしまうケースが見られます。消費者に情報が届く段階で、想定よりも期待値が高まってしまうと、現実とのギャップも大きくなります。

また、企業に落ち度がなくてもレピュテーションリスクが発生する可能性はあります。

プレスリリースなどの情報は、ニュースやメディアを通すことで、ありのままを伝えるのではなく、情報が編集されることも珍しくありません。その際、企業側が意図しない形で情報が編集されると、消費者に正確な情報が伝わらず誤った情報が広まってしまいます。

クチコミによる拡散にもリスクは潜んでいます。クチコミによる拡散はソーシャルメディアの普及によって、上手に利用できれば大きなプロモーション効果を生みます。一方で、発信者の感想や意見が情報に付加されることで、企業側が望まない情報が伝達されていく可能性も高いのが事実です。

レピュテーションリスク対策のポイントは、情報の公開方法や消費者とのコミュニケーションを見直し、なるべく企業の実態と評判のギャップを少なくすることです。

企業はソーシャルメディアを通して、消費者に直接情報を伝えることができます。ニュースやメディアを通さず、企業としての考え方をそのまま表明できるのは大きなメリットです。さらに積極的な情報公開を行うことで、憶測や噂を生みにくくするのもレピュテーションリスク対策として効果的です。

ページ上部へ戻る