故事成語

九仞の功を一簣に虧く

九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)

という中国の古書「書経」が出典の故事成語です。

「九仞の功を一簣に虧く」とは

「九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)」とは、
長い間の努力も、ちょっとした油断からだめになってしまうこと」を指します。

ちなみに出典となった「書経」の一節を見てみると、

嗚呼、夙夜勤めざる或るなかれ。細行を矜まざれば、終に大徳を累わす。山を為ること九仞、功一簣に虧く。

となりますが、現代文に訳すなら、

朝早くから夜遅くまで励まないとなりません。些細な行いによって、失敗してしまうこともあります。高い山を築くのに、最後のもっこ一杯分の土を欠いてしまうと完成しないことをお忘れなく。

といった感じになります。ちなみにこの言葉は、古代中国 周の武王が殷の紂王を討って周を建国した時に、各国からの貢ぎ物に喜んだ武王に対し、家臣の召公が諫めて言った言葉です。

私自身も、起業の際、最終段階でちょっとしたミスをしてしまったことで、予定していた人の引き抜きで所属元の会社とトラブルになりかけ、事業計画の練り直しを余儀なくされた苦い思い出があります。まさに「九仞の功を一簣に虧く」結果になってしまったわけですが、それ以来、物事は決定する最後の最後まで細心の注意を払うように心がけています。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る