事大主義(じだいしゅぎ)

故事成語

事大主義(じだいしゅぎ)

事大主義(じだいしゅぎ)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

事大主義(じだいしゅぎ)

という中国の有名な古書「孟子」が出典の故事成語です。

「事大主義(じだいしゅぎ)」とは

「事大主義(じだいしゅぎ)」とは、
「強いものに従って自分の身を守ること」を指します。

では、出典となった「孟子」の一節を見てみましょう。

齊の宣王問いて曰く、鄰國に交わるに道有りや。
孟子對えて曰く、有り。
惟仁者のみ能く大を以て小に事うるを為す。
是の故に湯は葛に事え、文王は混夷に事えたり。
惟知者のみ能く小を以て大に事うるを為す。
故に大王は獯鬻に事え、勾踐は呉に事えたり。

とあり、現代文に訳すなら、

斉の宣王が「隣国と付き合うのに、何かよい方法があるだろうか?」と聞いた。
孟子は「あります」と答えた。

まず、大国が隣の小国を侮らずに礼を厚くして付き合う方法。これは仁者だけができることになります。
殷の湯王が葛伯と交流し、文王が混夷と交流したのはこの例です。

次に、小国が大国に付き従って自分の身を守る方法。これは知者だけができる方法です。
周の大王が獯鬻に従い、越王の勾践が呉に従ったのはこの例です。

といった感じになります。

元々「事大主義」は、小国が賢く立ち回って生き延びることを指していましたが、現代では、ただ強国にすり寄って自国の保身を考えるといった否定的な意味合いで使われるようになっています。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る