人は城、人は石垣、人は堀(武田信玄)

偉人の名言・格言

人は城、人は石垣、人は堀(武田信玄)

人は城、人は石垣、人は堀

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、「名言・格言」として伝わってきました。

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言・格言」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「人は城、人は石垣、人は堀」

という武田信玄の名言・格言です。

武田信玄(1521年12月1日〜1573年5月13日:享年51歳)は、甲斐国(今の山梨県)を中心に治めた戦国大名です。越後国の上杉謙信との死闘が有名な武田信玄ですが、今の世でも色あせない数多くの名言・格言を残しています。

今回ご紹介した「人は城、人は石垣、人は堀」という名言・格言ですが、「信頼できる人材は堅固な城や、その石垣・堀に匹敵する」という意味です。

実際、武田信玄は、本拠地に大きな城を築くことはせず、人の育成に力を注いだと言われていますが、「人は城、人は石垣、人は堀」という言葉は、人材の重要性について述べた言葉として現代でも通ずる言葉だと思います。

堅固な城があれば、それに安心して備えがおろそかになり、逆に国を滅ぼしてしまうといった意味でも、「鉄壁な守り」というものはなく、実際に運用する人が常に慢心しないことこそが、長い繁栄を生むものと言えるでしょう。

今回は、武田信玄の「人は城、人は石垣、人は堀」という名言・格言をご紹介しましたが、皆さんの心にこの言葉は響きましたか?偉人たちが試行錯誤し、彼らの人生が凝縮された名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

偉人の名言・格言を見てみよう・・・

偉人の「名言・格言」を見てみる

ページ上部へ戻る