故事成語

会稽の恥を雪ぐ

会稽の恥を雪ぐ(かいけいのはじをすすぐ)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

会稽の恥を雪ぐ(かいけいのはじをすすぐ)

という中国の古書「史記」が出典の故事成語です。

「会稽の恥を雪ぐ(かいけいのはじをすすぐ)」とは

「会稽の恥を雪ぐ(かいけいのはじをすすぐ)」とは、
中国の春秋時代、越王 勾践が会稽の戦いで呉王 夫差に敗れ、屈辱的な講和をした後に雪辱を果たした故事から「戦いに敗れた恥辱や他人から受けた恥辱を晴らす」という意味で使われます。

越と呉は華南地域で覇権を争った宿敵同士で「呉越同舟(ごえつどうしゅう)」という言葉でも知られています。

「会稽の恥」は、越王 勾践の父の死を好機とみた呉王 闔閭が越へ攻め込んだのが発端です。もともと国力に優っていた呉ですが、越軍の奇策で大敗し、その時に負った怪我が原因で闔閭は陣没してしまいます。その後、闔閭の子 夫差が呉王を継ぎ、敗戦で弱っていた呉を立て直して、リベンジを図ったのが「会稽の戦い」です。

会稽の戦いで敗れた越王 勾践は、夫差の側近へ賄賂を送って取り入り、夫差の召使いとして仕えることを条件に滅亡をまぬがれます。この時の屈辱が「会稽の恥」ですが、その後、越に戻った勾践は「会稽の恥」を忘れず、日々国力の回復に務め、呉を滅ぼして中原の覇者となるのです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

今なら好条件で転職できます♪

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る