働き方改革実現会議とは?

働き方改革実現会議とは

新聞やテレビのニュースを見ていると、頻繁に目にするのが「働き方改革」という言葉です。

これまでの日本では、長時間労働は美徳とされてきました。効率的に短時間で仕事を終わらせるよりも、残業をして終わらせた方が評価されることもあったほどです。

しかし、日本は海外に比べると労働生産性が低いとされ、その原因の一つが長時間労働にあると言われています。また、単純に長時間労働は働く人にとって、良い環境ではありません。心身に多大な負担を与えるので、過労死やうつ病といった悲劇的な結末を迎える原因にもなっています。

他にも現在の日本には、人口の減少に起因する慢性的な人手不足、正社員と非正規社員との格差、女性の社会進出を阻む環境など、働く現場には様々な問題があります。

働き方改革実現会議とは、そうした様々な問題を解決するために、政府が設置した会議です。2016年の9月27日に第1回の会議が開催され、これまで何度も会議が行われてきました。

例えば、第1回の働き方改革実現会議では、多様な経歴を持つ現場で働いている人から意見を聞いています。非正規雇用者の労働条件、AIやIoTなど、最先端の技術が人間に与える影響まで、様々なテーマで話し合いが行われました。続く第2回の働き方改革実現会議では、大企業に勤めた経歴のある人から話を聞いて、就業形態や副業などの分野で意見を交換しています。

このように働き方改革実現会議では、現場で働く人の意見を吸い上げています。

政府や官僚が作り上げる制度は、現場を無視したものも少なくありません。そのため、実際に制度を作り上げても、問題が解決しなかったり、新たな問題が出てくることもあります。そのため、働き方改革実現会議において現場の人々から意見を直接聞き反映させていくことで、問題解決の糸口になることが期待されています。そういった意味では、現実に即した改革を行っていくためには、働き方改革実現会議の役割は重要であると言えるでしょう。

働き方改革実現会議で話し合われた内容については、首相官邸のホームページに議事録などの情報が公開されています。また、議事録や配付資料の公開だけでなく、ホームページでは働き方改革実現会議の模様が動画でも公開されています。配付された資料なども公開されているので、働き方改革実現会議に興味があるなら一度見てみると良いでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る