公安警察とは?

公安警察とは

公安警察とは、警察庁と都道府県警の公安部門を指し、特に国家に対する脅威に対応しています。国内における中核派・革マル派など反政府組織や、国際テロリストなどがその対象となっています。

こうした反政府組織やテロリストは、これまで幾度も社会に混乱と被害がもたらしてきました。これらの組織を放置すれば、国が機能不全に陥り、国民が不安に怯えることになります。そのため、反政府組織などの情報収集に努め、時には立件して逮捕していくのが、公安警察の任務の一つです。

また、公安警察とは、反政府組織など外部のみを捜査する機関ではありません。むしろ、戦前のような軍事クーデターを未然に防ぐため、自衛隊や警察内部にも監視の目を光らせています。

ドラマなどでよく目にする公安部とは、東京都を管轄する警視庁内部にある公安警察の部門のことです。ここに各地の警察本部警備部や所轄における警察署警備課を加えたのが、公安警察組織の全貌となっています。

なお、これらの所属する公安警察官の多くは、警察庁警備局・中央指揮命令センターの指揮下におかれていることは有名です。ここで下される任務は極秘事項とされ、たとえ県警本部長や所轄の署長であっても、知らされることはありません。直接的に指示を受けることによって、迅速かつ情報漏えいを防ぐ効果をもたらしているのです。なお、公安調査庁は法務省の外局であり、公安警察とは別の組織ですが、協力関係にあります。

1945年の発足以来、公安警察は長らく日本の秩序を守り抜いてきました。その捜査活動は、決して目立つことを許されないものです。時には何十年と任務が続くこともあり、一瞬の油断も許されない、厳しい毎日を送っています。

公安警察官は秘密が漏れるのを防ぐために、同僚にさえ自分の現状を打ち明けないことも珍しくありません。友人どころか、家族にすら打ち明けず、警察官であることを隠して生活することもしばしばです。

先般、警察官殺害容疑で46年間逃亡していた中核派の大坂正明容疑者が逮捕されましたが、この逮捕は、公安警察が中核派の行動を長年監視し地道な捜査をしてきた成果と言えるでしょう。このように、公安警察とは、まさに国家の安全を支える縁の下の力持ちに他なりません。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る