兵を知る者は動いて迷わず|孫子の兵法

孫子の兵法

兵を知る者は動いて迷わず|孫子の兵法

兵を知る者は動いて迷わず

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

その中から、今回は孫子にある「兵を知る者は動いて迷わず」という言葉を見てみることにしましょう。

兵を知る者は、動いて迷わず、挙げて窮せず。
故に曰わく、彼れを知り己れを知れば、勝、乃ち殆うからず。
天を知りて地を知れば、勝、乃ち窮まらず。

が「兵を知る者は動いて迷わず」のくだりですが、現代語訳にすると、

兵法を知る者は、事前の情報をすべて把握して動いているから、行動してから迷いが無く、戦いが始まってから苦境に立たされることがない。だから言うのだ。敵味方の状況をよく把握している者は負けることはないし、天候と地形の利を得て戦う者は常に不敗だと。

という意味になります。

このくだりの直前で、孫子は、味方の実力を知らないで戦う者は五分五分の勝敗、敵の実力を知らないで戦う者も五分五分の勝敗だと説いています。

ライバルと戦うのであれば、味方の実力・相手の実力をしっかりと把握・分析した方が勝ちを収めます。正しく彼我の力が分析できていれば、味方が敵を上回っている場合は、自信を持って倒しにかかりますし、相手に劣っているとわかった場合は、自らの実力が相手を上回るまで正面きっての戦いを避けることになります。

敵味方の力を正しく把握することによって、「兵を知る者は動いて迷わず」のように自信を持って行動でき、危なげなく戦いを進めることができるのです。

御社は自社の実力を正しく把握していますか?ライバル社の状況を正しく把握していますか?

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る