出版取次会社とは?

出版取次会社とは

出版取次会社とは、書物の制作を行なう出版会社と、実際に読者に販売する書店とをつなぐ業者のことで、流通業界においての問屋と同じ位置づけになっています。

現在の出版業界では、多くの工程が存在していて、それに伴い、取次会社が担う仕事も非常に多くなっています。

基本的に、出版取次会社は出版社から届けられた出版物を、各販売店に運ぶのが仕事となっています。出版取次会社が行なう物流に関する仕事としては、まず出版社から出版される本を受け取り、決められた日時に書店まで届けることになります。

また、単純に出版物を書店に送るだけではなく、書店への販売方法に関するアドバイスも出版取次会社の仕事です。

出版取次会社では、多くの書店と取引があり、集まっていくる情報もとても多いので、それらの情報を細かく分析して、どのような売り方をすれば本の売上が伸びるかのノウハウを複数有しています。それらの情報はすぐに書店などに伝わるようになっているので、書店にとってはコンサルタント的な役割にも利用されています。

このような各種の商品情報の管理は、売上に関するデータや、市場の動向などの情報の収集によって構築されていて、出版社にとっても書店にとっても有益な情報をスムーズに共有することを可能となっています。

さらに、出版取次会社の仕事として大切なものとして、新しく出版された書物をどの書店にどれだけの量届けるのかを決める仕事もあります。これらの作業はきちんとしたデータや経験が重要になっているので、出版取次会社の必要性は今でも高いのです。

また新刊が売れ残った場合には、書店から売れ残った本を引き取るのも出版取次会社の仕事の一つとなっています。

このように、出版取次会社は、出版社と書店の間に入って業務を行います。出版物は常に一定の量が取引されているので、出版取次会社の重要性はこれからも続いていくでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
ページ上部へ戻る