刎頸之交(ふんけいのこう)

故事成語

刎頸之交(ふんけいのこう)

刎頸之交(ふんけいのこう)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

刎頸之交(ふんけいのこう)

という中国の有名な古書「史記」が出典の故事成語です。

「刎頸之交(ふんけいのこう)」とは

「刎頸之交(ふんけいのこう)」とは、
「首を切られても悔いないほど、固い絆で結ばれた友情」のたとえとして使われます。

では、出典となった「史記」の一節を見てみましょう。

顧だ吾之を念ふに、彊秦の敢へて兵を趙に加へざる所以の者は、徒だ吾が両人の在るを以てなり。
今両虎共に闘はば、其の勢ひ俱には生きざらん。
吾の此を為す所以の者は、国家の急を先にして、私讎を後にするを以てなり、と。

廉頗之を聞き、肉袒して荊を負ひ、賓客に因りて、藺相如の門に至り、罪を謝して曰はく、
鄙賤の人、将軍の寛なることの此に至るを知らざりしなり、と。

卒に相与に驩びて刎頸の交はりを為す。

とあり、現代文に訳すなら、

「しかし私が思うに、強国である秦があえて趙に兵を向けない理由は、私と廉頗がいるからである。今、私と廉頗が共に争えば、共に生き残ることはできないであろう。私がこのように廉頗を避けている理由は、国家の危機を先にして、個人的な恨みを後にしているからなのだ」と。

これを聞いた廉頗は、上半身裸になり、罪人を罰するための荊のむちを背負い謝罪の意を表すると、藺相如の屋敷に出向いて、自らの罪を謝罪してこう言いました。

「品がなく身分の低い私は、藺相如将軍の心が寛大であることに気が付きませんでした」と。

そして、互いに友人となり、刎頸の交わりを交わしたのでした。

といった感じになります。

「刎頸之交」を結ぶ友が一生に一人でもできれば、その人生は豊かで幸せだと思います。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る