北朝鮮ミサイルの北海道通過〜タイムリミットは5分

PAC3,パトリオット

北朝鮮ミサイルの北海道通過〜タイムリミットは5分2017年8月29日早朝、北朝鮮が日本本土(北海道)上空を通過するミサイルを発射しました。これまで日本列島上空をミサイルが通過したことはありますが、事前通告なしでの上空通過は初めてです。

もし、北朝鮮が日本へ中距離ミサイルを撃つ事があれば、今回のミサイル発射に対する対応が一つのテストケースになると思われますので、ミサイル発射からの時系列を見てみましょう。

ミサイル発射からの時系列

5:58  北朝鮮ミサイル発射
6:01  安倍総理から関係大臣に最初の指示
6:02  Jアラート発令
6:12  太平洋上に着水

北朝鮮がミサイルを発射してから太平洋上に着水するまで14分。Jアラートが発令されてから10分の猶予時間がありました。

今回、北朝鮮は平壌近くの基地からミサイルを発射し、約2700キロ飛行して、襟裳岬東方1180キロの太平洋上に落下したとのことなので、本土上に着弾することを想定すると、Jアラートが発令されてから着弾までは 5分程度とみて良さそうです。

もし今後、北朝鮮のミサイルが日本本土に打ち込まれるような事態になれば、Jアラートやエムネットなどから情報を受け取って、最初の 1分で逃げる準備と逃げ場を探し、3分以内に避難し、1分の余裕を取るといった心の準備をしておく必要がありそうです。

そのためにも、非常持ち出し袋の準備と家・職場での避難場所を想定しておくべきでしょう。

今回、政府がミサイル発射から以降の動きはすべて把握できていたことは、唯一の安心材料ですが、かといって、北朝鮮に対し、万一に備えた準備をしないことはありえないと思います。

迎撃ミサイルPAC3を配備したことを批判的に報道した新聞社もありましたが、安全を脅かそうとする国家が近くにある限り「平和の掛け声」だけで国民の命と財産は守れないのではないでしょうか。

【関連記事:PAC3配備に見る毎日新聞の報道

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る