善因善果(ぜんいんぜんか)

故事成語

善因善果(ぜんいんぜんか)

善因善果(ぜんいんぜんか)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

善因善果(ぜんいんぜんか)

という因果応報を示す仏教用語が出典の故事成語です。

「善因善果(ぜんいんぜんか)」とは

「善因善果(ぜんいんぜんか)」とは、
「良い行いには必ず良い結果や報いがある。」という意味で使われます。

ちなみに出典となった仏教用語の一節を見てみましょう。

善因善果 悪因悪果 自因自果

とあり、現代文に訳すなら、

良い行いには必ず良い結果や報いがある。悪い行いには、必ず悪い結果や報いがある。自分の行いの報いを自分が受けることになる。

といった感じになります。

因果応報という言葉もあるように、良い行いは回りまわって自分に戻ってくるように思います。悪い行いも同様に戻ってくるのですが・・・。

戻ってくることを前提に善行を積むことはお勧めしませんが、ビジネスでもお客様に対する商売哲学がしっかりして実践できている会社は長期に存続しています。

逆に、お客さんの善意を利用したり、騙すような “ビジネス” をやっている会社は、遅かれ早かれ行き詰まっていきます。

現代は SNS やネット掲示板などで企業の評判があっという間に拡散する時代です。10年20年と長くビジネスを続けていくには、お客さんの望むサービスを提供し、お客さんに正しく向き合うことのできる会社であることが必要な時代になってきていると言えるでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る