因子分析とは?

因子分析とは

因子分析とは、複数の観測変数の中から似たような構造を持っているものを推測するために役立つ統計的手法であり、アンケート調査の際の土台作りなどに用いられています。

因子分析は、複数の変数をいくつかのグループに分類するということを目的として利用するのが一般的な利用方法となっており、一般的には大学で初歩的な研究手法として学ぶことができます。

同じように複数の観測変数を使った分析手法に「回帰分析」がありますが、回帰分析は、特定の変数を説明するに当たって観測変数がそれぞれどの程度の影響を及ぼしているのかという重みづけを行うために役立つ仕組みを持っているのが特徴です。

「因子分析」と「回帰分析」との違いは、特定の変数を説明する能力の程度を示すために用いられる「回帰分析」に対して、「因子分析」は、観測変数の持つ意味の検討を深めるために行うグループ分けをする上で役立つ情報を提供してくれるものであると言えます。

因子分析や回帰分析などの分析手法は研究目的で活用される機会が多く、様々な問題について理解を深めるために非常に役立つものとなっています。

因子分析や回帰分析は統計的手法であり、非常に複雑な計算を必要とするものですので、専用の統計のために使用されるソフトウェアを活用して計算するのが一般的です。これらの計算は専用のソフトウェアがあればそれほど難しい種類の計算ではなく、実際、最も身近である表計算ソフトであるエクセルでも計算することが出来るのですが、エクセルは高度な統計を行うための仕組みを持っているわけではありませんので計算能力には限界があります。

因子分析や回帰分析など多変量の解析が必要になる場合などにおいては、可能な限り専門性の高いソフトを用意すべきであると言えるでしょう。

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る