因子分析とは?

因子分析とは

因子分析とは、複数の観測変数の中から似たような構造を持っているものを推測するために役立つ統計的手法であり、アンケート調査の際の土台作りなどに用いられています。

因子分析は、複数の変数をいくつかのグループに分類するということを目的として利用するのが一般的な利用方法となっており、一般的には大学で初歩的な研究手法として学ぶことができます。

同じように複数の観測変数を使った分析手法に「回帰分析」がありますが、回帰分析は、特定の変数を説明するに当たって観測変数がそれぞれどの程度の影響を及ぼしているのかという重みづけを行うために役立つ仕組みを持っているのが特徴です。

「因子分析」と「回帰分析」との違いは、特定の変数を説明する能力の程度を示すために用いられる「回帰分析」に対して、「因子分析」は、観測変数の持つ意味の検討を深めるために行うグループ分けをする上で役立つ情報を提供してくれるものであると言えます。

因子分析や回帰分析などの分析手法は研究目的で活用される機会が多く、様々な問題について理解を深めるために非常に役立つものとなっています。

因子分析や回帰分析は統計的手法であり、非常に複雑な計算を必要とするものですので、専用の統計のために使用されるソフトウェアを活用して計算するのが一般的です。これらの計算は専用のソフトウェアがあればそれほど難しい種類の計算ではなく、実際、最も身近である表計算ソフトであるエクセルでも計算することが出来るのですが、エクセルは高度な統計を行うための仕組みを持っているわけではありませんので計算能力には限界があります。

因子分析や回帰分析など多変量の解析が必要になる場合などにおいては、可能な限り専門性の高いソフトを用意すべきであると言えるでしょう。

ページ上部へ戻る