売上債権回収日数とは?

売上債権回収日数とは

商品を販売した場合、それは売上債権となります。売上債権が回収されるまでにかかる期間を、日数で示した指標を「売上債権回収日数」と呼びます。「売上債権回収日数」は「売上債権回転期間」とも呼ばれています。

売掛金がどのくらいの期間で回収されているかを知るのは、資金繰りの状態を把握する重要なポイントになります。売掛金の残高と言うのは、売上高の大きさに比例するため、売掛金を平均の月商で割り平均的な回収期間を計算します。

例えば、平均月商が6千万円の会社で売掛金(売掛金+受取手形)の残高が1千万円だった場合、

売上債権回収日数:1000万円 / 6000万円 × 30日 = 5日

となります。

会社経営を考えると、売掛金の回収期間である「売上債権回収日数」は短いほど良く、売掛金の回収期間が短いと資金繰りも楽になります。

「売上債権回収日数」が長い場合、不良債権の発生商品代金以外の債権の存在が疑われますので注意しましょう。

ページ上部へ戻る