大麻の使用はなぜ罪に問われない?

大麻の使用はなぜ罪に問われない?

大麻の使用は罪に問われない?

大麻の使用は覚醒剤やヘロインに比べて依存性は低いとはいえ、酩酊感、陶酔感、幻覚といった症状が出てきます。また繰り返し使用していれば、やがては中毒患者となってしまいます。

にもかかわらず、大麻取締法では、大麻を所持することは違法であって、大麻の使用は罪になりません

なぜ、大麻の使用が罪にならないのかというと、大麻の原料となる麻が洋服や袋など様々な用途で用いるために古来から栽培されてきていたり、調味料として身近な七味唐辛子には大麻のような症状は出ませんが麻の実が入っていたりと、昔から日本人の生活に身近だったと言われています。

現在では、大麻取締法で都道府県知事の許可がないと麻の栽培が出来ないことになっていますが、製品を製造するために麻の生産を許可された人達は、当然、麻の成分を吸ってしまう可能性があるので、使用を取り締まることができないということも理由のひとつです。

また、麻というのは元々自生している場所もあるので、わざわざ栽培していなくても、野山を歩いているうちに知らず知らず接触してしまう可能性もあります。

では、大麻の使用が罪になる場合と罪にならない場合の例を見てみることにしましょう。

例えば、大麻を所持した人が大麻を使用している場所のそばに偶然居合わせて、煙を吸ってしまうというようなことがあったとします。そうすると、タバコの副流煙のように、大麻の煙を吸ってしまうことで体にその成分が入り込むことはあり、検査で陽性反応が出る可能性はありますが、前述のように大麻の使用は罪に問われないので、それで捕まることはありません。

しかし、誰かから火の付いた乾燥大麻やパイプを勧められて吸ったのであれば、それは自分が持ってきたのでは無いと言っても所持したことになり罪になります。

現在、海外と同様に日本でも大麻の所持を合法化しようとする動きはありますが、現在の大麻取締法では、所持は違法で、使用は罪に問われないということになります。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る