天下無双(てんかむそう)

故事成語

天下無双(てんかむそう)

天下無双(てんかむそう)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

天下無双(てんかむそう)

という中国の有名な古書「史記」が出典の故事成語です。

「天下無双(てんかむそう)」とは

「天下無双(てんかむそう)」とは、
「天下に並ぶ者がいないほど優れている様子」を指す言葉です。

では、出典となった「史記」の一節を見てみましょう。

李広の才気、天下無双なり。自ら其の能を負み、数虜と敵戦す。恐らくはこれを亡わん。

とあり、現代文に訳すなら、

李広の才気は天下無双です。そして、自らの能力をたのんで、匈奴を相手に奮戦しております。このままでは、おそらく李将軍を死なせてしまうでしょう。

といった感じになります。

「天下無双」のモデルとなった李広は、前漢時代の将軍で、北方の異族 匈奴から飛将軍として怖れられるほど武勇に優れていました。性格的にも清廉で、贅沢を嫌い、兵からの信頼も厚かった李広ですが、匈奴との戦いの中で大将軍の衛青に抗議し自ら命を絶つことになるのです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ページ上部へ戻る