奉天会戦|ロシア軍の敗因

奉天会戦|勝因・敗因

奉天会戦|ロシア軍の敗因

奉天会戦 ロシア軍の敗因

奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3月10日にかけて行われました。

大山巌を総司令とする大日本帝国陸軍24万人に対し、迎え撃つアレクセイ・クロパトキン指揮のロシア帝国軍36万人という参加兵力から見ても世界史的に大規模な会戦となりました。

日露戦争開戦後、兵力に劣る日本軍は緒戦から勝利を続け、戦争全体の優勢を保っていましたが、これは当時の日本の国力を超えた戦いであり、すでに補給線は限界近くまで達していました。また、旅順攻囲戦などの激戦が連続し、兵力の補充も困難な状況となっていました。

一方、兵力的には優勢であるはずのロシアも、血の日曜日事件の発生など国内情勢に不安が生じ、戦争の継続は難しい情勢にありました。

そのような状況下にあった1905年3月、大日本帝国陸軍の満州軍首脳は日本軍有利の内に講和を結ぶべく、全ての兵力を賭けた総力戦を挑みます。これが奉天会戦です。

3月1日に奉天に対する包囲攻撃を開始した日本陸軍でしたが戦況は有利に進展せず、ロシア軍に撃退される状況が続きます。

ロシア軍のほうでは、総司令官クロパトキンは当初左翼を攻撃していた鴨緑江軍を第三軍と思い込み、左翼に大量の予備兵力を送ります。しかし、第三軍がロシア軍右翼を包囲する動きを見せたことを知ると、左翼に送った予備兵力を右翼に転進させます。ロシア軍の猛攻は続き、日本陸軍の前線を崩壊寸前に追い込みます。

【奉天会戦 布陣図】

奉天会戦 布陣図

このまま戦況が進む、あるいはクロパトキンが総攻撃を命じてしまえば、日本軍は完全に崩壊したと思われますが、日本軍首脳部はあくまでも全戦線にわたる総力戦を指令します。しかし、あまりにも損害が大きいため、児玉源太郎参謀長は作戦全体の方針を転換することを決意。第四軍と第二軍に奉天への進行を命じます。

しかし、ここで予測出来ない事態が起こります。なんと戦いを有利に進めていたはずのロシア軍が撤退を開始したのです。これは第三軍によって退路を遮断されることを恐れたクロパトキンの命令によります。これは日本軍の首脳部も予測できなかった事態でした。結果、無人となった奉天に日本軍がなだれ込み、奉天会戦は終結します。

この会戦での日本軍の死傷者は7万人、ロシア軍の死傷者は9万人(捕虜数万人)とどちらも甚大な損害を受けています。会戦終了後、勝利した日本軍はこれ以上戦線を広げることは不可能な状態となっていました。

一方のロシア軍は戦力的にはまだまだ余裕がありましたが、士気が大きく下がってしまい、こちらもこれ以上戦闘を継続することが難しい状態にありました。

この奉天会戦におけるロシア軍の敗因とは、総司令官クロパトキンがあまりにも乃木希典の第三軍を過大評価してしまったことにあると言えます。第三軍の動きを警戒し過ぎ、兵力数すらも見誤っていました。その結果、最終的には第三軍に包囲されることを恐れ『撤退』という誤った判断をしてしまったのです。このクロパトキンの判断こそ奉天会戦におけるロシア軍の敗因なのです。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  3. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る