孫子の兵法

孫子の兵法とは?

孫子の兵法とは?

孫子の兵法とは、今から2500年ほど前の中国 春秋時代に活躍した戦略家 孫武が作ったとされる兵法書のことです。

<スポンサーリンク>

孫子の兵法は、数多くある兵法書のうち最も著名なものの一つとして有名です。

孫武は、孫子の兵法において、戦いの勝敗は天運で左右されるのではなく、勝利の法則があると考えました。その上で勝利を得るための指針を研究し、孫子の兵法として体系化して後世に残そうとしたのです。

孫子の兵法の構成

孫子の兵法は、以下に示す13の章から構成されています。

  1. 計篇
  2. 作戦篇
  3. 謀攻篇
  4. 形篇
  5. 勢篇
  6. 虚実篇
  7. 軍争篇
  8. 九変篇
  9. 行軍篇
  10. 地形篇
  11. 九地篇
  12. 火攻篇
  13. 用間篇

孫子の兵法は兵法書ですので、一見すると戦って勝つ方策を記載しているように思いますが、実際はできるだけ戦うことを避けて国力を温存し、避けられない戦いには主導権を持って負けない内容になっています。

孫子の兵法を活用した人物

過去の天才兵法家と呼ばれた人の中には、何らかの形で孫子の兵法に触れて孫子の兵法を活用した人物が多くいます。

三国時代の諸葛孔明や曹操などは孫子の兵法を諳んじて実戦に活用していましたし、日本でも武田信玄や徳川家康、西洋でもナポレオンなどが孫子の兵法を利用していたと言われています。

孫子の兵法はビジネスの世界へ

もともとは戦いに負けないための兵法書としてスタートした孫子の兵法ですが、経営面から見ても重要な気づきを与えてくれます。

実際、現代のビジネスシーンにおいても、実業家のビルゲイツや孫正義などが孫子の兵法を愛読して実際の経営戦略に活用していることは広く知られているところです。

そういった意味では、孫子の兵法は企業経営やビジネスにも通じる「戦略論・戦術論」でもあるのです。

 

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク
JCBオリジナルシリーズ

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る