専門業務型裁量労働制とは?

専門業務型裁量労働制とは?

専門業務型裁量労働制とは、一定の専門職に就いている労働者について、実際に勤務した労働時間に関係なく、あらかじめ労使協定によって定められた一定の労働時間働いたものとみなすことができる制度のことです。

専門業務型裁量労働制は、みなし労働時間制の1つになっています。みなし労働時間制には、裁量みなし時間制と事業場外みなし労働時間制の2つがあります。その中で、専門業務型裁量労働制は、裁量労働みなし時間制の1つになっています。

専門職としてみなされている労働者の行う業務は、それぞれが持っている特有の能力によってしか業務を行うことができない場合があります。そして、専門職の労働者に期待されることは、労働時間の長さではなく、職務の質や収益などの結果であるという実情を反映するために「専門業務型裁量労働制」という制度が準備されているわけです。

専門業務型裁量労働制の趣旨は、使用者や事業主の指揮系統におくよりも、その業務の専門性から、労働者に労働時間についての裁量性を容認すべきという部分にあるのですが、制度を悪用して専門業務型裁量労働制が残業代支払いを避けるための手法として利用される危険性があります。

そのため、労働基準法などによって、専門業務型裁量労働制の適用については厳格な要件が設けられています。具体的には、労働基準法38条第1項で定められている要件をみたさなければ、専門業務型裁量労働制は認められません。

専門業務型裁量労働制は、過剰労働や法外な残業時間につながりかねないものであるため、適用や運用は限定的にしておく必要があります。専門的な要素があるあらゆる業務について、専門業務型裁量労働制が適用されてしまうと、残業代の支払いを逃れるための道具として利用されかねないため、労働基準法によって、対象業務が定められています。

労働基準法によって定められている専門業務型裁量労働制の対象となる業務としては、新商品・新技術の研究、情報処理システムの分析・設計、新聞・出版の取材・編集、衣服、広告などのデザイナー、コピーライター、システムコンサルタント、ゲームソフト開発者、証券アナリスト、金融商品開発者、弁護士、税理士、中小企業診断士などとなっています。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  5. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る