山尾議員、今度は「駐車場代」政治資金疑惑

山尾議員、今度は「駐車場代」政治資金疑惑

山尾議員、今度は「駐車場代」政治資金疑惑

国会の場で舌鋒鋭く切り込むと評判の才女 立憲民主党の山尾しおり衆院議員ですが、またまた政治資金問題が浮かんできました。

2012年当時、山尾議員が代表を務めていた民主党愛知県第7区総支部において、山尾議員の選挙区から離れた、名古屋の歓楽街「錦」や「栄」などにある駐車場代の領収書が数多く政治活動の一環として計上されていたことがわかりました。

2012年1~12月の期間で440件以上の駐車場の領収書が計上されており、計54万円超が支出されていました。

さらに、駐車場が利用された時間帯の大多数が夜間から早朝にかけてで、夜の歓楽街、それも選挙区外の地域での政治活動とは一体何なのか、疑惑は大きく膨らみます。

立憲民主党の山尾議員は疑惑の総合商社?

山尾しおり議員といえば、これまでも幾度となく政治資金や不倫疑惑のスキャンダルを引き起こしてきました。

列挙してみると、

・政治資金「地球5周分のガソリン代疑惑」

・政治資金「1日7万円のコーヒー代疑惑」

・倉持弁護士との不倫疑惑

そして、今回の

・政治資金「440回の歓楽街駐車場代疑惑」

ということになります。これだけ疑惑が並ぶと、まさに「疑惑の総合商社」とでも呼べそうな感じです。

山尾議員がすごいのは、これだけの疑惑を抱えながら、疑惑の釈明をいずれも中途半端で終わらせ、国民からの疑問の声に全く答えようとしていないところです。

山尾議員は現在、立憲民主党に所属していますが、これが仮に自民党の議員であれば、マスメディアの猛攻撃にあい、議員辞職に追い込まれるだけでなく、政治生命も絶たれていたに違いありません。

ここまで疑惑が出ている人が議員辞職もせず、のうのうと国会議員を続け、国会の場で政府を追求をしている姿を見ると強い違和感を感じます。

火のない所には煙は立たないと言いますが、これだけお金と不倫の疑惑が出ているのですから、山尾しおり議員はまずは真摯に釈明会見を開いて、真相を明らかにして欲しいと思います。

ページ上部へ戻る