山本五十六の名言・格言

偉人の名言・格言

山本五十六の名言・格言

山本五十六の名言・格言

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、「名言・格言」として伝わってきました。

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言・格言」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回は、山本五十六の名言・格言をまとめてみます。

山本五十六(1884年4月4日〜1943年4月18日:享年59歳)は、新潟県長岡市生まれの海軍軍人です。連合艦隊司令長官として太平洋戦争を指揮し、その途中で戦死した山本五十六ですが、今の世でも色あせない数多くの名言・格言を残しています。

今回は、その中から、現代でも役立つ山本五十六の名言・格言をピックアップしました。

山本五十六の名言・格言

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

苦しいこともあるだろう。云い度いこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣き度いこともあるだろう。これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。

人は神ではない。誤りをするというところに人間味がある。

中才は肩書によって現はれ、大才は肩書を邪魔にし、小才は肩書を汚す。

今回は、山本五十六の名言・格言をご紹介しましたが、皆さんの心に響く名言・格言はありましたか?偉人たちが試行錯誤し、彼らの人生が凝縮された名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

偉人の名言・格言を見てみよう・・・

偉人の「名言・格言」を見てみる

ページ上部へ戻る