志位委員長が辞任か

志位委員長が辞任?

共産党の志位和夫委員長が辞任するのではないかという話が、公安関係者を通じて出てくるようになりました。

スポンサーリンク

2017年10月の衆院選で議席を 21 → 12 に減らして惨敗した結果を受け、周囲に「疲れた」と漏らしているようで、共産党のドン 不破哲三氏(前党中央委員会議長)にも辞意を伝えているようです。

共産党も高齢化と人材難が進み、後任人事が難航しているようですが、志位委員長もすでに60歳を超えており、辞任やむなしの空気が広がりつつあるように見えます。

志位委員長は18年目

志位委員長が共産党の委員長に就任したのは 2000年。

今年は18年目ということになりますが、先日ネット上で「桃栗三年 柿八年 梨の馬鹿めは十八年」をもじった “ことわざ” を目にしました。

モリカケ3年 アベ8年 シイは独裁18年

志位委員長の18年間を独裁と言うべきかはわかりませんが、語呂としては上手く作ったと感心するばかりです。

安倍総理に対して「独裁」と非難する側が、18年間の “長期政権” になっているのは望ましい姿とは思えませんから、志位委員長の辞任のタイミングで共産党も開かれた政党にしていく必要があるのかもしれません。

スポンサーリンク
グッドポイント

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る