事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ(西郷隆盛)

偉人の名言・格言

事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ(西郷隆盛)

事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、「名言・格言」として伝わってきました。

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言・格言」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ」

という西郷隆盛の名言・格言です。

西郷隆盛(1828年1月23日〜1877年9月24日:享年49歳)は、幕末から明治初期に活躍した軍人・政治家です。薩摩藩の藩士として明治維新を牽引し、江戸城の無血開城でも有名です。明治維新の功労者とも言える西郷隆盛ですが、西南戦争で敗れて自刃するまでの間、今の世でも色あせない数多くの名言・格言を残しています。

今回ご紹介した「事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ」という名言・格言ですが、現代語に訳すなら「何か事を為そうとする時に、考えが足りなくても心配することはない」となります。

物事を実行しようとする時、一人で考え込むことがあります。もちろん、事を為そうとするなら熟慮することも大切なのですが、あらゆる事態を想定しようと一人で考えていても、物事は1ミリも進みません。

ある程度熟慮し、自ら確信を持てる段階に来たなら、後は、その内容を仲間に話し、賛同者を増やしていきながら、物事を進めていくことが重要です。自分の頭の中で考えられることはちっぽけです。より多くの人と話し合って、実際に行動していく中で、様々なアドバイスやヒントを得て、一歩一歩成功につながっていきます。

私の経験でも、物事の成否は、その人の思慮が浅いか深いかで決まるのではなく、周囲の人の心を動かす熱意があるかどうかで決まるように思います。そういう意味では、西郷隆盛の言う通りでしょう。

今回は、西郷隆盛の「事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ」という名言・格言をご紹介しましたが、皆さんの心にこの言葉は響きましたか?偉人たちが試行錯誤し、彼らの人生が凝縮された名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

偉人の名言・格言を見てみよう・・・

偉人の「名言・格言」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る