急流勇退(きゅうりゅうゆうたい)

故事成語

急流勇退(きゅうりゅうゆうたい)

急流勇退(きゅうりゅうゆうたい)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

急流勇退(きゅうりゅうゆうたい)

ということわざです。

「急流勇退(きゅうりゅうゆうたい)」とは

「急流勇退(きゅうりゅうゆうたい)」とは、
船が急流の中で素早く回転し退く様子から「仕事も地位も隆盛なうちに身を引いて後進に道を譲る」という意味で使われます。

私自身の経験ですが、独立して会社を興す前、社員数 20名くらいの中小企業の運営を 3年ほど手伝っていた時期がありました。その会社には、70歳代のオーナー社長がいましたが、事業展開や縮小のタイミングを見極める目や計数感覚は優れていて、若干強権的な経営手法はいただけませんでしたが、他人からの意見には耳を傾ける優秀な経営者だったように思います。

しかし、時間とは恐ろしいもので、73歳を過ぎるあたりから、怒りっぽくなり、社員への猜疑心が目立つようになりました。同じことを何度も言ったり、話のつじつまが合わないことを言ったりし、他人からの忠告を受け入れなくなり、些細なことで社員の給料を上げ下げしたり、首を切ったりした為、社員とのトラブルも増えるようになってきました。

このように、いかに優秀な人であっても、必ず老いは訪れます。過去の実績や名声を食いつぶさないようにするには、周囲から惜しまれる時に身を引くべきだということなのでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

今なら好条件で転職できます♪

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る