敵の情を知らざる者は不仁の至りなり|孫子の兵法

孫子の兵法

敵の情を知らざる者は不仁の至りなり|孫子の兵法

敵の情を知らざる者は不仁の至りなり

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

その中から、今回は孫子にある「敵の情を知らざる者は不仁の至りなり」という言葉を見てみることにしましょう。

相守ること数年、以って一日の勝を争う。
而るに爵禄・百金を愛みて敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり。
人の将に非ざるなり。主の佐に非ざるなり。勝の主に非ざるなり。

が「敵の情を知らざる者は不仁の至りなり」のくだりですが、現代語訳にすると、

数年にわたる戦争は、たった一日で戦いで勝敗が決する。役職や金銭を出し惜しんで敵情を知ることをしないのは、馬鹿げている。将としてふさわしくないし、君主の補佐もできない。こんなことでは勝利をおさめることもかなわない。

という意味になります。

孫子は「敵の情を知らざる者は不仁の至りなり」で、戦いにおいて敵情を知ることの重要性を説いています。

同じく孫子の「彼を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉にもある通り、戦っている相手を知ることは勝敗を決定づける重要なポイントだと思います。

戦いの勝敗とは、今の世も相対的なものである以上、ライバルの内情を詳しく調べるための労力やコストは惜しむべきではないでしょう。

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  3. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る