時系列で見るデータ6~SEO対策から5ヶ月後

SEO対策,SEO

時系列で見るデータ6~SEO対策から5ヶ月後当ブログでは、SEO対策済のホームページを新規に設置した後、6ヶ月間で検索順位とアクセス数の変動がどうなっていくのかを現在継続検証中です。

今回は SEO対策後5ヶ月経過時のデータ を見てみることにしましょう。

【前回記事:SEO対策から4ヶ月後のデータ

【関連記事:SEO対策から6ヶ月後のデータ

【検証対象のホームページ】

・ホームページ開設: 昨年9月下旬
・ページ数: 6ページ
・業種:整体・リラクゼーションサロン
・地域:都内A駅・B駅

SEO対策はホームページ開設時に「足つぼ A」「足つぼ B」「リラクゼーションサロン A」「リラクゼーションサロン B」「マッサージ A」「マッサージ B」のキーワードにて実施しています。

まずは、SEO対策を行ったキーワードでの検索順位の変動から見てみましょう。
(順位は左から SEO対策当日,90日後,150日後)

【検索順位】

キーワード1: 7 → 2 → 1位
キーワード2: 10 → 1 → 3位
キーワード3: 18 → 4 → 2位
キーワード4: 25 → 8 → 8位
キーワード5: 39 → 14 → 11位
キーワード6: 60 → 16 → 14位

検索順位は頭打ちになってきました。SEO対策としては安定期に入ってきたようです。

SEO対策&サイト公開から 5ヶ月が経過し、サイトアクセスは 1日あたり平均 10件くらいになってきました。
1日 10件のサイトアクセスということは月あたり 300件前後ということですから、月に 2~3件はホームページを見た方からメールや電話で予約が入り始めます。

ちなみに 6ページの構成のホームページでSEO集客を行う場合、目指すサイトアクセスは月 300~350件になりますので、SEO対策後 6ヶ月目となる来月にはほぼ完成形になるでしょう。

6ページほどの小規模サイトだと、さすがに毎日のように予約が入るという訳ではありませんが、掛けたコストに見合う予約がホームページ経由で入る「省コストでのネット集客」が実現できます。

いよいよSEO対策についての 6ヶ月間の実例検証も次回で最終回となります。ホームページ公開&SEO対策後 6ヶ月が終了した時点ではどのようになっているでしょうか。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る