朝日新聞が改竄でなく書き換えと言う理由

朝日新聞が改竄でなく書き換えと言う理由

朝日新聞の印象操作〜書き換えは改竄ではない

今回は「朝日新聞が改竄でなく書き換えと言う理由」について考えてみたいと思います。

ちなみに、

「書き換え」は、業務の必要に応じて発生しうることで悪いことではありませんが、

「改竄(かいざん)」は、意図的に事実と異なる内容に変えることで悪いことです。

財務省が文書の変更する際、実務上必要で違法性がないものが「書き換え」、法に触れるものが「改竄」と考えるといいでしょう。

今回の「財務省の文書書き換え疑惑」で、朝日新聞は「改竄」という言葉は一切使わず、あえて「書き換え」と言い続けています。にもかかわらず、朝刊の一面のトップ記事に取り上げて、いかにも違法性のあるかのような印象を読者に与える書き方をしました。

つまり、朝日新聞が財務省の行為が違法性はないと知りながら「書き換え」を「改竄」に近い印象操作をしてしまっているわけで、これは報道機関として非常にまずいことだと思います。

印象操作と財務省職員の自殺

朝日新聞の報道による「財務省の文書書き換え疑惑」では、森友学園との交渉に携わっていた財務省職員が自ら命を絶つという事件が引き起こされました。

自殺に至った理由はいろいろ取り沙汰されていますが、ここにきて財務省の自殺した職員は朝日新聞への情報提供者だったのではないか?

という憶測も出てきています。

そもそも「財務省の文書書き換え疑惑」については、省内の文書が外部に漏れているわけですから、財務省もしくは検察の関係者から情報が朝日新聞にリークされたと見るのが妥当でしょう。

そういう観点で見ると、朝日新聞へ情報をリークしたものの「文書書き換え疑惑」が大きな問題に発展し、国会審議が止まってしまうなど、国政への大きな影響を与えてしまったことへの責任を感じたということは、確かに考えられることではあります。

もちろん自殺した財務省の職員が情報提供者だったかは現時点でわかりません。

しかし、
違法性があるかないか知らない段階で、いや違法性がおそらくないと知りながら、朝刊の一面でいかにも違法な行為のように報道した朝日新聞が引き起こした悲劇であったように私には思えてなりません。

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  5. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る