朝日死ね に思うこと

朝日死ね に思うこと

朝日死ね

日本維新の会の足立康史 衆院議員がツイッターで「朝日新聞、死ね」とつぶやいたことでひと騒動起こっています。

「〇〇死ね」と言えば、2016年末に「保育園落ちた 日本死ね」が「流行語大賞」を受賞したのを覚えている方も多いのではないでしょうか。

満面の笑みを浮かべた当時民進党の山尾志桜里議員が受賞の喜びを語っている姿に違和感を覚えたのは私だけではないはずです。

朝日死ね の背景

足立議員が「朝日新聞、死ね」とつぶやいたのは、「加計開学へ これで落着とはならぬ」という朝日新聞デジタルの記事に対してで、いい加減に「モリカケ・モリカケ」と煽り続けるのを止めて、真っ当な報道機関の責務を果たしたらどう?という趣旨で私自身は受け取りました。

朝日死ね で思うこと

新聞・テレビなどのマスコミが事実に基づいて政権批判をするのは構いません。しかし、憶測や推測に基づいて、結論ありきの “報道” をするのは報道機関としては失格だと思います。

朝日新聞は権力に対してチェックをおこなっているつもりかもしれませんが、すでに朝日新聞自体が「第四の権力」なわけで、自らのイデオロギーの正当性と存在をアピールしているようにしか最近は思えなくなってきました。

有識者を交えて論議を重ねた結果、加計学園(岡山理科大 獣医学部)の開設が認められているわけですから、それに対して「忖度」と異論を挟むのは、国民全体の論議に異論を挟むことと同じではないでしょうか。

さらに言うなら「第四の権力者」である朝日新聞による私企業(加計学園)や地方自治体(今治市)への根拠のない圧力と捉えられる事案とも思えます。

私なりに色々と考えてみましたが、維新の足立議員がツイッターでつぶやいた「朝日死ね」は「結論ありきで報道した 朝日死ね」とでも言うべきだったのかもしれません。

これなら2016年の「流行語大賞」と大差ありませんから。
元選考委員の鳥越俊太郎氏も「『死ね』という言葉だけに引っかかってしまっちゃ、その全体を見誤ってしまう」と言っていましたし、これまでの足立康史議員の発言を考え合わせると「結論ありきで報道した 朝日死ね」も大丈夫でしょう。

「朝日死ね」には賛否両論があるようですが、いずれにしても「『朝日死ね』はヘイト」のような低レベルな議論は止めて、しっかりと報道のあり方を考える機会にして欲しいものです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  5. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る