東京新聞は反政府活動家の味方?

東京新聞は反政府活動家の味方?最近、興味深い新聞記事を目にしました。テロ等準備罪(共謀罪)に関するものなのですが、早速、見てみましょう。

「共謀罪」 危険な法制度はやめよ

「共謀罪」の審議がヤマ場を迎えつつある。国際組織犯罪防止条約の締結のためなら現行法のままで十分だ。テロ防止を掲げる法案の狙いが反政府の活動などの監視なら、あまりに危険だ。

(中略)

対象は本当にテロリストなのか。政府は国会で「一般国民は対象にならない」と繰り返した。では反政府の活動をする団体の人々はどうなのか。何らかの法に反していたら。そうした人々を監視する道具にならないか心配する。

これは、2017年5月17日の東京新聞の社説の抜粋です。

どうやら、この東京新聞の社説では、テロ等準備罪法(共謀罪法)によって

「反政府活動団体に所属して違法なことをしている人」を監視する道具になる

ことを心配して危険と言っているようです。

一般国民からすると「反政府活動団体に所属して違法なことをしている人」を監視できない状況の方が危険だと思うのですが、東京新聞にとってはどうやら違うようです。

2016年の安保法案の時もそうでしたが、今回のテロ等準備罪法案(共謀罪法案)の審議の過程でも、様々な人や団体、メディアがあぶり出されてきています。

例えば、今回取り上げた東京新聞や朝日新聞、毎日新聞などは、テロ等準備罪法案(共謀罪法案)に強く反対していますし、政党で言うなら民進党、共産党、自由党、社民党も同様です。

東京新聞の発想をもとに考えると、これらのメディアや政党は、

  • 「反政府活動団体に所属して違法なことをしている人」自身
  • 「反政府活動団体に所属して違法なことをしている人」から利益を得ている
  • 「反政府活動団体に所属して違法なことをしている人」が協力者にいる
  • 「反政府活動団体に所属して違法なことをしている人」と付き合いがある

のいずれかに該当しているのかもしれません。

「マスコミの劣化」が叫ばれる昨今、一般国民の不安を煽るスタイルは通用しなくなってきています。

主義主張を押し付けるのではなく、情報をわかりやすく伝える視点を持つことこそ、今のマスコミに求められているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る