武田信玄の名言・格言

偉人の名言・格言

武田信玄の名言・格言

武田信玄の名言・格言

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、「名言・格言」として伝わってきました。

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言・格言」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回は、武田信玄の名言・格言をまとめてみます。

武田信玄(1521年12月1日〜1573年5月13日:享年51歳)は、甲斐国(今の山梨県)を治めた戦国大名です。越後国の上杉謙信との死闘が有名な武田信玄ですが、今の世でも色あせない数多くの名言・格言を残しています。

今回は、その中から、現代でも役立つ武田信玄の名言・格言をピックアップしてみました。

武田信玄の名言・格言

人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり。

我、人を使うにあらず。その業を使うにあり。

為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人のはかなき

負けまじき軍に負け、亡ぶまじき家の亡ぶるを、人みな天命と言う。それがしに於いては天命とは思はず、みな仕様の悪しきが故と思うなり。

百人のうち九十九人に誉めらるるは、善き者にあらず。

戦いは五分の勝利をもって上となし、七分を中となし、十分をもって下となる。五分は励みを生じ、七分は怠りを生じ、十分はおごりを生ず。

弓矢の儀、勝負の事、十分を六分七分の勝ちは十分の勝ちなり。八分の勝ちは危うし、九分・十分の勝ちは味方大負けの下つくり也。

今回は、武田信玄の名言・格言をご紹介しましたが、皆さんの心に響く名言・格言はありましたか?偉人たちが試行錯誤し、彼らの人生が凝縮された名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

偉人の名言・格言を見てみよう・・・

偉人の「名言・格言」を見てみる

ページ上部へ戻る