泣斬馬謖(きゅうざんばしょく)

故事成語

泣斬馬謖(きゅうざんばしょく)

泣斬馬謖(きゅうざんばしょく)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

泣斬馬謖(きゅうざんばしょく)

という中国の古書「十八史略」が出典の故事成語です。

「泣斬馬謖(きゅうざんばしょく)」とは

「泣斬馬謖(きゅうざんばしょく)」とは、
大きな目的のために自分の愛する者も犠牲にすること。または、規律を守るために私情を捨てること」という意味です。

ちなみに出典となった「十八史略」の一節を見てみると、

亮、政を為すこと私無し。馬謖もとより亮の知る所と為る。軍を敗るに及び、流涕して之を斬り、而して其の後をあわれむ。

となります。ちなみに亮とは有名な軍師 諸葛孔明で、馬謖は孔明が才能を愛した武将のことです。書き下ろし文を現代文に訳してみると、

孔明は私心なく公平に政治を行った。馬謖は以前から孔明の知遇を受けていたが、自軍を敗戦に追いやってしまったことから孔明は泣いて馬謖を斬った。そして遺族を手厚く庇護した。

といった内容になります。

組織運営においては、公正であろうとすると、時に厳格に対処せざるを得ない場合があります。個人的な感情に流されて判断しまうと、規律が守れず、不公平感が出る原因になりますが、厳格で公正なだけでは無機質な感じがして、組織の求心力にはつながりません。

実際の「泣斬馬謖」の場合を考えてみると、やはり、孔明が部下から敬愛されていたからこそ成り立つ話のように思います。規律を守ることありきで「泣斬馬謖」を行わないように注意したいものです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  3. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る