故事成語

渇しても盗泉の水を飲まず

渇しても盗泉の水を飲まず

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「渇しても盗泉の水を飲まず(かつしてもとうせんのみずをのまず)」

という中国の古書「猛虎行」が出典の故事成語です。

「渇しても盗泉の水を飲まず」とは

「渇しても盗泉の水を飲まず」とは、
どんなに困っていても、不正なことには手を出さない」という意味です。

ちなみに出典となった「猛虎行」には、

孔子が旅先で「盗泉」という名前の場所を通りがかった時のこと、非常に喉が乾いていたにもかかわらず、「盗泉」という名前を嫌って、そこの水を飲まなかった。

という内容の故事が書かれています。

「渇しても盗泉の水を飲まず」は、多くの人に様々な教訓を示唆してくれる言葉ですが、特に会社経営者にとっては、特に重要な精神ではないかと思います。

自分自身も経営者の端くれですが、会社を経営する上で苦しい時期は必ず訪れます。その時に、法的にブラックやグレーだけど楽にお金が稼げることに出くわしても手を出してはいけません。

会社経営は、単なるお金儲けのビジネスではなく、何のために営むのかという理念なくして、長期的な繁栄はありません。目前の危機といえども、理念なき企業活動は、早晩、社会からの存在意義を失ってマーケットから退場を言い渡されます。苦しい時だけは許される不正などないことを肝に命じておくべきです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  4. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る